フォトキナ-映像関連総合見本市-

見本市・視察ツアー

image

image img img

カメラ・写真機材をはじめとした映像関連総合見本市です。
世界各国のメーカーが参加するフォトキナは、各社の技術をアピールする格好の舞台であり、毎回多くの新製品やコンセプトモデルが発表されます。向こう2年間の機材開発の方向性を占うという意味で、一般のバイヤーのほか開発担当者からも注目を浴びる見本市です。

概要

  • 開催月日
    2019年5月8日(水)~5月11日(土)
    出展社数
    43ヵ国から983社(2016年実績)
    開催周期
    毎年
  • 開催都市
    ドイツ・ケルン
    来場者数
    134ヵ国から190,669名(2016年実績)
    出展品目
    カメラ、レンズ、スキャナー、ホームシネマ、LCD、PDP、多機能複合機、デジタル情報通信機器、イメージング゙関連部品等

会場

img

ケルンメッセ見本市会場

■メッセ会場は、「ケルンメッセ-ドイツ/Koeln Messe-Deutz」駅目の前「ケルン中央」駅から「ケルンメッセ-ドイツ」駅までは、Sバーンで所要時間2分です。
その他、Uバーン1、3、7、9号線もケルンメッセに直結しています。
■入場券=乗車券
メッセ会期中、見本市入場券の所有者は、ケルン市内及び近郊の公共交通機関を無料でご利用できます。

宿泊ホテル

CITYCLASS HOTEL CAPRICE AM DOM(一例です)

  • ケルンの歴史的なアイゼンマルクト広場にあるホテルで、劇場のすぐ近くに位置しています。大きなスパ、モダンな客室(薄型テレビ付)、24時間対応のフロントを提供しています。客室内装は明るく、シーティングエリア、ミニバー、全域で利用できる無料Wi-Fi、バスルーム(バスローブ、ヘアドライヤー付)が備わります。
    ※写真はイメージです

    ・総客室数:52室
    ・ホテル内:Wi-Fi 利用可(無料)
  • imageimage

LEONARDO HOTEL KOLN(一例です)

  • ケルンメッセ見本市会場とランクセスアリーナからわずか1.5kmの4つ星ホテルで、24時間対応のフロント、無料Wi-Fi(館内全域)を提供しています。サウナ、ジム、屋内スイミングプールを併設するスパエリアを無料で利用できます。モダンな内装の広々とした客室には、エアコン、薄型テレビ、モダンなバスルームが備わっています。
    ※写真はイメージです

    ・総客室数:165室
    ・ホテル内:Wi-Fi 利用可(無料)
  • imageimage

ツアー日程

月日(曜) スケジュール 都市名 食事
1日目 5月7日(火) 大阪・名古屋・東京(00:05-15:30)発→
<乗継ぎの場合あり>
デュッセルドルフまたはケルン(04:00-23:00)着
専用車にてホテルまで送迎
(ケルン泊)

機内:○
2日目 5月8日(水) photokina 2019 視察(5/8-5/11)
見本市会場へは公共交通機関を利用して
日本語アシスタントがお送りします
(会場内は自由視察)
※通訳ご希望の方は別途お見積りいたします
(ケルン泊)
朝:○
昼:×
夜:×
3日目 5月9日(木)

終日自由視察
(ケルン泊)
朝:○
昼:×
夜:×
4日目 5月10日(金)

終日自由視察
(ケルン泊)
朝:○
昼:×
夜:×
5日目 5月11日(土)
専用車にて空港へ送迎
デュッセルドルフまたはケルン(06:30-20:45)発→
<乗継ぎの場合あり>
(機中泊)
朝:○
昼:×
夜:×
6日目 5月12日(日) 東京・名古屋・大阪(06:55-19:50)着
<国内での乗継ぎの場合あり>
通関後、解散

機内:○
■添乗員は同行しません。現地係員が送迎のお世話を致します。現地手配旅行業者の連絡先は最終の確定書面でお知らせいたします。
■日本各地からご出発可能です。追加料金が発生する場合がございますのでお問い合わせ下さい。
■ご宿泊ホテルについて:欧州のホテルはツインルームに対してシングルルームの場合広さや設備等で劣る場合もあります。バスルームでシャワーのみの部屋もありますのでご了承下さい。
■展示会期間中の為、部屋数には限りがございます。お早めにお申し込み下さい。
■会場内での通訳の別途手配も承っております。お問い合わせ下さい。
■利用航空会社は最終的にお渡しする確定書面にて御案内する会社をもって最終案内と致します。利用航空会社によっても発着時間経由地などが変更されます。
■ケルンの到着便・出発便はケルン中央駅発着の列車またはデュッセルドルフ発着の航空便になる場合もあります。

お問い合せ・お申込み

BACK TO TOP